2015年10月12日月曜日

シンデレラ(実写)観た。


※みんなが知ってる童話だからと思って
普通に書いちゃってますが、
シンデレラ知らない!ネタバレを読ませないで! という方は
読まないでください……^ー^;

「今、某レンタルショップにいて
5本レンタルで1000円なんだけど、
何か観たいのある?」

と訊かれて、

突然だったので何も思い浮かばず

いつも起動してるPCでランキングを検索した中に入ってた
ディズニーの実写版シンデレラをお願いしたのです。

なんかポスターが綺麗で印象的だったので
とっさに選んでしまったけど、
内容としては大真面目なのか、ものすごい改変されてるのか
アリスみたいに「その後」のお話だったりするのか、
まったく情報なしだったし、
私の頭の中では白雪姫とごっちゃになっていたりして
あれ、借りてもらっちゃったけど 面白いのかな……と
ちょっと心配してました。

結局、内容は
よく聞く おなじみのストーリーを
忠実に丁寧に描いていたんじゃないかな。

本当は怖い……の要素はありませんでしたが。
ディズニーだもんね。

だから展開としては、
観ていて 次こうなるとわかっているのに。

なんだろう、ピュアすぎる主人公が健気に頑張ってる姿とか
舞踏会行けない絶望……から 美しく変身するところとか
ものすごく泣けてきたよ……

変身のところとか、舞踏会で踊ってる場面とかが
ちょっと長めなんですけど、
映像が美しいので、個人的には目の保養になりました。

知っている物語なのに、じんと来る映画でございました。

あと吹き替えが、一言目を発した時点で
あ、これはプロ声優さんじゃないな…… もしかして……
と思っていたら、やっぱり高畑充希ちゃんでしたね。
歌のところで確信。

王子が城田優さんだとは
最後に名前が出るまでわかりませんでした……


ほんとに、心が美しいって魅力的だなぁと思います。
だってあんなにひどいことされた継母に
最後まで優しいのよ。

逆に、
継母のやることが酷くて下品で
ムカムカしました……
誰が観ても、ああいう奴にはなりたくないと思うんじゃないかな。

自分がああいう人間でないことを願うばかりです。
自分ではそんなつもりなくても
他人から見たら……っていうことは
世間一般に よくあることですからね。

感動するうえに、教訓も得られる映画でございました。

☆.。.:*・゚

ちなみに
私が小さいころ、実家にはグリム童話集があって
私に買い与えられたものなんだと思いますが、

まだ「本当は怖いグリム童話」なんてものが出るずっと前ですけど
悪者が最後に目をえぐられるとか、死神に殺されるとか
けっこうグロい内容がさらりと書かれていました。

原作に忠実な翻訳だったのでしょうか……
シンデレラは「灰かぶり」っていうタイトルだったし。

古い翻訳を守って出版していたのかもしれません。
だって本はキレイで新しかった。はず。

ズルい人や悪い人は、最後に痛い目を見る、酷い目に遭う、
というエンディングは、
気持ち悪いかもしれないけど、
そういう人にはなりたくないな、と思わせられます。

シンデレラみたいに、心美しくありたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿