2017年4月30日日曜日

4月鑑賞した映画の一部

ただ、君を愛してる
現在の場面から始まって数年前の過去を振り返る作りなんだけど、その最初の「現在」を観た時点で最終的にこうなるんだろうなっていう予想ができてしまい、予想通りだった。それでもなんかジーンと来るものがあった。最近個人的に人生について考えるんだけど、やっぱり自分の人生は自分で選ぶのが幸せだなと改めて思った。
鑑賞日:04月27日 監督:新城毅彦

イレブン・ミニッツ
大量の伏線ぽいものとか謎が、解決されてない気がするのだがなんだこれは……! 監督は、別に意味のない数字だって言ってるらしいけど、端々にさりげなく11がつきまとう。 沢山の登場人物たちが知らないところでニアミスする(近くにいる、すれ違うけどあくまで他人だから互いを知らない、関わらない)のが「11:14」ぽい。実際、現実社会ってそういうものだもんね。
鑑賞日:04月15日 監督:イエジー・スコリモフスキ

素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店
ジャケットを見たときは主人公がもっとおかしな男性なのかと思ってたけど、とても生真面目だった。バカっぽさや爆笑とは違う、ブラックユーモアやクスッと笑う程度の、ほっこりする話。でも扱うネタは死。 もっとモメるかと思った部分は意外とあっさり解決したけど、終盤の「彼」の選択に泣きそうになった。
鑑賞日:04月11日 監督:マイク・ファン・ディム

PK ピーケイ
ここまで踏み込んで大丈夫なん?っていう、多分誰もが思ってるけど口に出してはいけない気がして言わないでいた、宗教への疑問がテーマ。でもコメディ。宇宙人。軽い下ネタが随所に。伏線とかストーリーも面白く、前半は無知なpkの言動に笑い、後半はpkのもっともな疑問に深く頷きながら観て、ラストは泣きそうになった。楽しみながら考えさせられる。長いけど見応えあって良かった。
鑑賞日:04月10日 監督:ラージクマール・ヒラニ

VR ミッション:25
最近よくある、「バーチャルゲームだと思ってたら怪我が現実にも反映されて命に関わる」というやつ。実際にああいう状況に置かれたら……と想像したら登場人物の困惑や恐怖も大げさではない。CG多様の映像だけど違和感なく観られた。 ただ終盤で ある人物がいろんな角度から映される場面で、服の襟が違ってたのが気になった~
鑑賞日:04月08日 監督:チャールズ・バーカー

持たざる者が全てを奪う HACKER
貧しい家庭で育った主人公がハッキングやカード詐欺で大金を得ていく。手を広げるにつれ徐々に危険も伴うようになる。 原題はHACKERらしいけどスキミングしまくってる印象のほうが強い。ジャケットは青くてデジタルっぽいデザインだけど、そんなに近代的な映像表現とか、ネットワークに侵入するイメージ映像みたいなものはなかったような。 実話を元にしているからか、あまりにも現実離れした展開やご都合主義のようなものはなく、焦りや不信感などで感情や関係性が変わっていくところに人間味がある。
鑑賞日:04月06日 監督:アカン・サタイェフ

PROXY
病んでるねー。 おとなしそう、普通、に見えて実は何考えてるんだか分からない女性たちの物語。130分。会話の途中の沈黙とか、スーパースローの映像とか、閉まったドアの映像と篭った音だけで何が起きてるか想像させる場面とか、間を大事にしてる印象。普段アクションなどで展開が早い映画ばかり見慣れているとじれったいけど演出としては美しいと思う。
鑑賞日:04月03日 監督:ザック・パーカー

パージなナイト ブラックさん家の史上最悪の12時間
黒人差別をネタにしたコメディ?なのかな? 些細な事で言い争いして、人の話を遮ったり人の話にかぶせて自分が喋ろうとするシーンが多すぎて疲れました。人の話はとりあえず最後まで聞こうぜ……。 まぁそんな我が強くて自己中な(末っ子はわりと素直だが)家族が、年に一度の、何をしても罪に問われない「パージ」の夜、主人公の一家の家に乗り込んでくる奴らに殺されそうになりながら徐々に団結していきますよ的な、話?なのかな?とにかく騒がしかった。バカっぽいムカつく感じの吹替がまたいい感じにマッチ。「なんでシャツ脱いだの……」で笑った
鑑賞日:04月02日 監督:デオン・テイラー

0 件のコメント:

コメントを投稿