2017年1月13日金曜日

「ペット」観た



めちゃ可愛い……

驚いたらしばらく驚きっぱなしでぷるぷるしてるところとか、
特に、猫がすぐびっくりして飛び上がるところとか、
なんでもないのにチワワがぷるぷるしてるとか、
とにかくぷるぷると小刻みな動きが
小動物の可愛い部分だと思うんだけど
それがすごくよく描かれてた。

実際にペットを飼っているとか
リアルの動物が大好きって人は、
「そうそう、こういう動きするよねー!」
「この動きが可愛いのよねー!」
って思いながら楽しんで見られるんじゃないかな。


2016年、ディズニーでも
動物の映画「ズートピア」が公開されたけど、
こちらは人間のように二足歩行で暮らしている動物たちなので、
本物の動物が大好きという人にオススメするなら
ペットかもしれないですね。

ズートピアは、偏見や固定観念に惑わされやすい人間への
深いテーマ、メッセージが込められているので、
楽しみながらも教訓を得られるという意味では
ズートピアのほうが じーんとするし、重厚な感じがします。

ズートピアの深みがまだ理解できないお子様でも
もちろん大人でも、
ペットは純粋に楽しめるライトな作品かな。
別に安っぽいとかつまらないという意味ではなく。
何も考えずに、ただただ動物たちの可愛い仕草を楽しむのも
いいことじゃないかと思います。

日本語吹替メインキャストはバナナマン。
知らないで観たら気づかなかったかもしれない……
わかってて声を聞くと、犬のキャラクターの顔が本人たちに若干似てるので
なんか面白い。
佐藤栞里ちゃんも飼い主役で出てる。




2016年
監督:ルイス・ルソー

0 件のコメント:

コメントを投稿