2016年3月25日金曜日

「渇き。」やばかった

渇き。

これはやばい。

映画「渇き。」を観たんだけど、超狂ってた

もっと、
精神に異常をきたしている部分を
クローズアップしてくれるのかと思ったら、

うん、精神異常はもちろんなんだけど、
だからこそ なんだけど、

血しぶき飛びまくり、
どす黒くて残虐で簡単に人が死ぬ感じの映画でした。
(それでR15だったのね)

うへぇ気持ち悪いと思いながら、
一応 最後まで見てしまった……。


娘が隠していた裏の顔を調べていく父親の話……
という前情報だったのですが、

役所広司さん演じる父親が既におかしくて……


この映画を娯楽として楽しんで見られちゃうとしたら、
ちょっとやばいんじゃないのかなと思ってしまいます……


まぁでも24とかの(ジャックバウアーのやつね)残虐シーンも
私にとってはちょっと行き過ぎだと思うので、
あれが平気ならこれも平気かもしれない。


内容がそういうヤバい感じだったことにばっかり注目していたので、
ハリウッド映画を観た後に邦画を観た時に感じる
「やっぱり何か邦画ってどこかしょぼい……」
っていうのが、この映画には なかったような。

カメラワークに違和感を感じなかったし
場面がころころ変わる、
突然のアニメーション、
ドラッグパーティーの こっちが狂いそうな目まぐるしい感じ、
などなど……

演技が下手な人がいなかったのもあるかな。
小松菜奈をはじめ、
橋本愛、
二階堂ふみ、
森川葵、
ファブリーズの男の子(高杉真宙)←この子、こんなワルの役もできるんだね……
けっこう売れてる若手がいっぱい出てました。

妻夫木くんとかオダジョとか中谷美紀など充分有名な人たちも
よく狂ってらっしゃいます。


しかし小松菜奈ちゃんは
ミステリアスな役が本当によく似合いますね。

小松菜奈ちゃん演じる「加奈子」は
ただただ狂ってるだけかと思ったんですが
よくよく考えると、一応 目的があったみたい……
とてもわかりづらい。

映画だといろんなことが
勢いにかき消され省略されているようです。

私は読んでないんですけど……
ストーリーが全然理解できないよ! という方は
原作を読むといいかも……
「このミステリーがすごい!」大賞受賞作ですし。


渇き。
2014
監督:中島哲也


0 件のコメント:

コメントを投稿