2016年3月18日金曜日

「トランスポーター イグニション」観た



トランスポーター イグニションを観た。



プロモーション映像で、

金髪の女の人が3人乗り込んできて、

「これが荷物よ」「話が違うぞ!」ていうやつ

(厳密には違うかもしれませんがニュアンスで許して)。



今までトランスポーターと言えば

ジェイソンステイサムさんだったんですけど、

今回は見たことあるようでないような

俳優さん(エド・スクレイン)になっていました。


調べたらラッパーさんらしいですね。

劇中でラップを披露するような事はありませんでしたが、

アクションシーンも違和感なくこなすキリッとした方でした。



舞台はモナコ?らしいです(ダーリン情報)。

車好きのダーリンは、高級車がいっぱい走ってる~って喜んでました。


私は、主人公の乗ってる車が

アウディだなっていうことぐらいしか

わかりませんでしたが……。



トランスポーターといえば

時間厳守の運び屋っていうイメージだったんですけど、

この主人公は毎回数秒遅れます。

いろいろあるからなんですけどね。



あと、

すばらしい運転技術を見せつける映画をイメージしてたんですが、

カーチェイスみたいな事は最初にちょっとやってましたけど

どちらかというと全速力で直線を走る場面が多かったような……



あ、

いやいやいや、

カーチェイスの時に素晴らしい技術を披露してましたわ、

そういえば。

水。水とだけ言っておきましょう。




あとは、

車と関係なく、アクションですね。格闘。

ステイサムさんの時もそうでしたね。





あ、あと

「この車の飛び方は、

制作リュック・ベッソンだな」

とダーリンが申しておりました。





ファミリー、家族愛がテーマだったのかな? 多分。

主人公は父親を人質に取られて

約束と違う依頼を引き受けることになり、

最後のほうでも…………



切れ味のよい映画だったかと思います。


2015
監督:カミーユ・ドゥラマーレ
製作・脚本:リュック・ベッソン

0 件のコメント:

コメントを投稿