2015年2月15日日曜日

まさかの展開に久々の恋わずらい

どうもgatamaroです。
ダーリンと一緒に住んでいます。
まだ、結婚は していません。


ある日、
私がお弁当として持たせた量が少なかったかなと思って
足りた? と訊くと
「うん、職場に、お菓子作り好きで よく持ってきてる人がいて
今日も2個もらって食べたから大丈夫」。


ある日、
仕事から帰ってくるなり
「体調悪いって言ってるのに、
『この後、どっか食べに行きませんか!』って言われた(笑)
誰かと一緒に何かするのが好きな、人懐っこい人がいるんだよ~」
って楽しそうに話すダーリン。
可愛い後輩がいるようです。


ある日、「あれ、米がない! 今晩の分炊いたらもう全然ない!」と気づき
ダーリンの仕事帰りに、一緒にスーパーへ行く約束をしました。
が、
連絡が来たのがけっこう遅い時間で、
「ごめん仕事が今までかかっちゃった。
時間も遅いから、俺だけで買い物してきちゃうね~」とのこと。
じゃあ、悪いけど……とお願いしちゃいました。

で、それからがまた遅い。

帰ってきたダーリンは妙にニコニコしていて、
「Aさんっていう職場の人と一緒に買い物してきた」。

え、それって男? 女? と思わず訊いたら
「男だよ(笑) ほら、前に、俺が風邪っぽいって言ってるのに食事誘ってきた人。
買い物行かなきゃいけないんだ~って言ったら、
『あっじゃあ俺も行きます!』って、ついてきた」。
あーなるほど、人なつっこいキャラの子ね。
ダーリンは、誰かとつるむっていうことが あまりないから
そういう話を聞くと、不思議で新鮮な感じ。


別のある日、
朝ごはん何がいい? と訊いたら
「んー、フレンチトーストかな!」と、今までに聞いたことのないリクエスト。
え、突然どうしたの、と思ったら、
「なんでフレンチトーストが出てきたかっていうとね、
この前Aさんが2日連続でフレンチトースト持ってきたんだよ」。
うん?
「で、2日とも もらった」
「美味しかったの?」
「うん、まあ。2回目は、ホイップ入れたって言ってたかな」
「え、あ、コンビニで買ったやつとかじゃなくて、Aさんが作ってきたの??」
「そうだよ? よくお菓子作ってくる人がいるって言ったじゃん」
なんと!!
「今度、バレンタインにチョコ持ってきますね~って言ってたわ」
ななななんと!!!

それは……それは…………もしかして乙女心を持った青年なのでは!?!?(偏見)

だんだん心配になる私。


その後から、ダーリンの帰りが遅いと
Aさんと一緒にどこかへ行っているのでは……なんてドキドキしてしまう私。(妄想)

なんとなくダーリンがそっけないような気がしてきてしまう私。(思い込み)



そんなこんなで、バレンタイン前日、
ダーリンともう一人が転勤するということで、職場の送別会に出かけたダーリン。

ダーリンはお酒をたしなまないし、飲み会という場もあまり好きじゃないので
主役なのに「遅めに行って、早く帰って来よう……」って言ってて
本当に1時間以上遅れて家を出たのだけど、
日付が変わっても帰ってこない……。
まあ、普通の人ならオールとかもあるでしょうが、
うちのダーリンはそういう感じじゃないので 心配しながら待ってました。

Aさんと2人で二次会に行ってしまったのでは……と心配になる私。

夜中1時に帰ってきたダーリンはニコニコしながら「帰ったよ~遅くなっちまった~」。
まず無事であることに安堵して、
こんな時間まで、職場の人みんな一緒に飲んでたの? と
言い方が とげとげしくならないよう気をつけながら 確認。
「そうだよ~。あー、あとSさん(一緒に転勤する人)のこと家まで送ってきたけど。
途中でコンビニ寄って、これくれた」
と、お菓子と飲み物が入った袋を私に渡すダーリン。
よかった……Aさんと一緒に2人でいたわけじゃないのね……。安堵する私。

と、そのとき、
「あ!!」
ダーリンが何かを思い出して大きな声を発し、私も驚く。
ダーリン、つぶやく。「やばい……俺……Aさん……」
Aさん!?
「Aさん………に……もらったチョコ、忘れてきちゃった……」
……………えっ

お、お店に?
「………うん………」



そのとき、Aさんには本当に申し訳ないけど、私はとても安心しました。
Aさんはどう思ってるか知らないけど、
ダーリンの心の中には Aさんは いないのだと。


よかったぁ~~~(´∀`).☆.。.:*・゚

0 件のコメント:

コメントを投稿