2015年1月17日土曜日

gatamaroが書く歌詞についての自己分析

今、自分(gatamaro)のホームページを作っていて、
今まで作った歌の動画と歌詞を載せてるんだけど、

うっすら自分でも気づいてはいたんだけど、

思ってた以上に「光」「虹」「心」「夢」の使用回数が多いんだけど、

あと「水」に関係する表現も多いんだけど、

これはボキャブラリー乏しいってことなのかしら……
それとも潜在意識に通じる 何かの表れなのかしら……


確かに、好きなんです。光とか水とか。空とか。

歌を作るときに思い浮かべる情景が、
大体そういう 青っぽいものか、眩しい光か どっちかなの。

好きなんですよ(二度目)。

だから、その歌につける動画も 青っぽかったり 眩しい光を表現したものになるんだよな。

昔作った歌をちゃんと編集したいなと思って候補に上げたものも、
動画を作るとしたら夢泳ぐswimmer青い約束みたいになっちゃうなぁと思って
ちょっと渋っています。


次にupしようと思っている歌は、「煙」がテーマなんで
そんなに 光り輝くとか 青いイメージはないんだけど
動画を作り終わってみたら、海とか空の映像を使ってるのよね……うーん。
そして歌詞に「心」が また入っています……

言い訳させていただくと、
歌って 気持ちとか 心の奥にあるものを表現したいので
「心」「気持ち」という単語を自然と使ってしまうんですよね……


ま、いいか。(開き直る)


あれよね、「君(きみ)」が多いのは仕方ないよね??



あと、自分の中でこだわっているのが、
あまり英語を使わないこと。
日本人なので日本語で表現したいな、という。
歌詞には伝えたいことを詰め込むことが多いので、
自分の伝えたいことを正確に伝えるには、母国語が1番かな と。
(正直、英語の成績はよかったけど、正しい英文書けるか自信がないっていうのもあります笑)

歌のタイトルも、英語なんだけどカタカナ表記のものが多い。
英語って、一言で表したい、日本語だと漢字ばかりで硬くなっちゃう……ってときに
すごく便利なの……
でも、歌詞に英語を使ってないのに タイトルだけ英語というのは
自分でなんか違和感があって許せないので、
カタカナか、日本語の表現と組み合わせて使うようにしてます。

ほとんどないけど、たまに歌詞にアルファベット表記で英語を使うときは、
発音が日本語でないときに限ります。
例えばダブルマジックでは「sound」っていう単語を使ってるけど
全てに母音がつく日本語の「サウンド」ではなく、どうしてもここは「sound」なのです。

ちなみにダブルマジックは「ダブるmagic」で、乱視の視界を表現してます……
仮題は「乱視」でした。


早く新しい歌出したいんだけどなあ……
環境が整わないのでなかなか作業ができないでいます。
音楽漬けの生活したいよ~~

2 件のコメント:

  1. 頑張って!応援しています♪

    返信削除
  2. ありがとうございます☆☆
    がんばります~~~

    返信削除