2014年4月15日火曜日

『バーン・アフター・リーディング』観た



ハチャメチャすぎて何がなんだかわからないまま終わった……

ブラピのアホキャラがすごい。という印象。
ブラピが歳のわりにすごく若く見える……


共感とか、魅力的キャラが皆無。
女性はものすごいうるさく文句ばかりしゃべるオバサンばかりだし、
みんな自己中。
ダブル不倫、セックス依存症、全身整形に賭ける女、CIA……
ジョージ・クルーニーがただのエロおやじになっている。

面白いというより、くだらなすぎて笑っちゃう感じ。

題名は、観ても何も残らないよ、っていうメッセージだったのでは…
それとも最終的に何もなかったことにする彼らの、いやお偉いさんの命令のことかな?
読後焼却…

読んだ後はそのメッセージを消す、ていうと私的には なんかガジェット警部を思い出します笑


日本語版のジャケットが、元のデザインをちゃんと踏襲したフォントデザインになってて よい。


2009年
監督:コーエン兄弟

0 件のコメント:

コメントを投稿