2014年4月3日木曜日

『グランド・イリュージョン』観た




イリュージョンとか、メンタリズムとかマジックとか
思考を騙される類のもの、けっこう好きなので
気になってた映画。
昨年末公開だった気がするのに もうレンタルされてる……笑
嬉しい限りです……笑


レビューを見ると、
エンディングがちょっと……とか
トリックや謎解きを期待して観るとがっかりする、みたいな感想が多かったので
ただただマジックの不思議な雰囲気を楽しむつもりで観たら
けっこう、エンディングでは へー あー そういうことだったのね~ っていう感じになって
私としては楽しめました。


さすがマジックの映画、
ミスディレクションを利用してますね~
と思ったけど、これクライム映画なのね。
そりゃミスディレクション使うわ。


主人公という扱いになっているマジシャン4人が
意外とそんなに出てこない気がするのは私だけ……?
カードに導かれて集まったこの4人は
なんとなく、背後の何かに従っています~的な空気があって
自分の思うままに行動しているわけではないから、
観ていても ちょっとふわふわした幻想的な存在だったかな。


だから何かダメだったというわけではないけども~


4人よりも、裏で彼らを捕まえようと頑張るFBIとか
マジックの種明かしで生計立ててるモーガン・フリーマンとか
そっちのほうが印象的。


酷評を先に読んでから観たからか、
私は出来が悪い映画とは思わなかったな~。




映画を観た後に、ネットで公式サイト見たんだけど
メンタリストDaiGoの動画がとても参考になりました笑




2013年
監督:ルイ・レテリエ

0 件のコメント:

コメントを投稿