2014年3月23日日曜日

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』観た



ジム・キャリー主演。
友達の誘いや電話さえ、なんでも否定や拒否ばっかりしてた男が、
なんでもイエスと答えようという怪しげな集会で
イエスマンになる約束をさせられてしまう。
その通りにしてみると、いろんなことが今までと違ってくる……。
みたいな。
感じ。

とにかく、ゾーイ・デシャネル演じるアリソンが可愛すぎる!
不思議ちゃんぽくて、自分に正直な感じにきゅんきゅん。
顔も可愛い。私的には真木よう子に似てる気がするんだけど……
青い目と黒髪がなんだかミステリアス。
劇中に出てくる近未来系バンドの意味不明さもアリソンがいるだけで許せてしまう……笑

本作でゾーイ(またはズーイー)・デシャネルを初めて知ったんだけど
虜になってしまいました。
だけど、ネットで検索してみると
なんかこう、うーんイエスマンのときのイメージと違うな~っていう写真ばっかり出てくる。
写真写りが微妙……?(失礼)
イエスマンではすごく可愛らしかったんだけど、
大人っぽい写真ばっかり出てくるから違和感を覚えるのかな?
イエスマン作られたの6年前だから当たり前か……^ ^;
でもイエスマン当時で28歳というのが驚き。20代前半じゃないかっていう可愛らしさだった。

そんでね、観たい映画メモのトップにメモしてた『(500)日のサマー』っていう映画のヒロインが
もしかしてと思ったら、やっぱりゾーイ・デシャネルだった……!
なんかわかるわー、男の子が虜にされて振り回されて捨てられる感じ。
観てないけどそんな話なんでしょ? サマーって……^ ^;

彼女の話しか書いてないw

んーやっぱり人生は
否定ばっかりしてるよりも、
前向きに生きていたほうが楽しいな、っていうのが
すごく伝わってくる映画。

うちの母親なんかは、ものすごく他人を否定ばっかりしてる人で
全然幸せそうに見えない。
幸せじゃないのも全部他人のせいにして
自分は被害者面してる。
その態度が余計に周りを不快にさせて、悪循環。
そういうのって人生損してるよなーって思う。

私は転職して人と接する機会が爆発的に増えて(笑
笑顔でいる時間が爆発的に増えて、
笑ってると健康にもいいし 精神的にもいいなって実感していますわ。
人と関わるってのは 嫌な気持ちになることも そりゃ あるけど、
楽しいことも増える。
全部肯定的に見てたら 気持ちよくいられると思うのよね。
他人の批判とか文句ばっかり言ってる人の気持ちが理解できないなあ。

この映画を観てよかったなあと思うのはやっぱり……とにかくアリソンが可愛い。


2008年
監督:ペイトン・リード

0 件のコメント:

コメントを投稿