2011年2月21日月曜日

何度も言いますがあらゆる可能性を考えてください。

あらゆる可能性を考えないと
人の迷惑になるし
問題じゃなかったことが問題になって
解決するために無駄な時間がかかる。

良い方向の可能性を10コ考える練習をしたほうがいいよ。

私が「こういう可能性もあるじゃない」と言うと
「それは絶対ない!」と断言する人がいるけど、
絶対なんて、物事の本質を100%知らない人は使っちゃいけない単語だと思うわ。

自分が得ていない情報を組み合わせれば、
「なるほど納得」となることはかなり多いはず。

最初から、
あいつが悪い、
あいつがやったに違いない、
あいつはダメだ、
あいつに聞いてもわかるわけがない、
などなど勝手に決めつけ、勝手に思い込み、
ほんの少しの情報を聞きかじっただけで
全てわかったような気になり、

間違った判断や評価をしてしまう人が
私の周りに多すぎるのですが、

私の周りの濃度が高いんでせうか?

あらゆる可能性を考えてください。

思いつく限りの可能性を考えてください。
そうして結論を出してなお
「本当にそうだろうか?」と考えてください。

良い可能性を考えることを忘れないでください。

あの人がこんなことをしたのはなぜか、

悪気があったのかなかったのか、

むしろそれが正しいことだった可能性はないか、

自分の知っている情報はこれで全てなのか、

知れば納得できる理由があるのではないか、

理由もなくこんなことをするだろうか、

単なる睡眠不足や疲労が原因かもしれないし

実は大事な友人や恋人が亡くなって
ドン底の気分でいるのかもしれないし

怪我や病気や酷い頭痛など
本人にしかわからない苦痛があるかもしれないし

作業が遅いのはPCに問題があるのかもしれないし

会社に来るのが遅いのは親の介護をしてるからかもしれないし

……可能性なんて挙げればきりがないのです。

それなのに
この人はバカだから、ダメな奴だから、で片づけてしまう人こそが
ダメな奴だと思います。

そういう人がいなくなれば
誤解や思い込みや勘違いといったアホらしい理由で
いじめや冤罪や殺人や戦争が起きることもないのです。

世界平和はあらゆる可能性を考えることで実現できるのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿