2010年9月18日土曜日

決死のショピン

ギャル向けぽいお店が、
行きつけの某デパートにあります。
入り口付近に、セールの鞄があって
結構よさげでありました。

ギャルのお店なんぞ怖くて入れませんが、
その鞄は結構よさげでありました。

通るたびちらちら見ておりましたが、
やはりその鞄は結構よさげでありました。

むーん。

というわけで、
何度か…ええ、3度もその店に通い偵察したうえで、

「え、お前この店に何しにきたの?
え、お前がこの鞄使うの?」
と店員さんに馬鹿にされぬよう
いつもの安っぽい子供っぽい服を脱ぎ捨て
ギャルぽい服はないのでとりあえず細ストライプのブラウスを着て
目の化粧をむっちゃ濃くして
深呼吸して入店。

もう多分今日しか入店する機会はねぇと思い
この際、と店内ぐるりと鑑賞。
ああ、一生使わねぇわと思うバッグ、ポーチ、靴。
すげぇわ。何に使うんだこのかっちょいいセカンドバッグ。

さて。
目当ての鞄を見ました。

なぜ。

昨日偵察した時までは残り少なかったのに
量も、色も、種類も増えておる……

心に決めたバッグがあったのに、
選択肢が増えてしまった。

優柔不断な人間にとってそれはとても厄介な問題。

しかも心に決めてた色と形が、いざ見ると
本当にこれでいいのか、私に似合うのか…という迷いが生じ しばし悩む。

結局、昨日買うぞと決めたバッグにしました。
ああ、黒のがよかったかしら。
服でもなんでも、いつも無難に黒を選んでしまう、
引っ込み思案で自信のないインドア派から抜け出すために
ガンメタなんぞ選んでしまった爆笑

まあ、鏡に映してみると
派手に思えた服や鞄も
意外と大人しかったり むしろ地味だったりすることがあります。
このバッグも、遠目からは灰色にしか見えない。と、判断しました。

はははー

今月 間違って預金しすぎて金欠なのに
何を必死に買い物してんだろう

まあいいや……
成長!(…したんだろうか)

0 件のコメント:

コメントを投稿