2009年1月12日月曜日

あらゆる可能性

伊坂幸太郎さんの本が好きです。

読売新聞の連載も読んでます。
それが!
私が日本人に訴えたいことがそのまま書かれてて、感動。
ほんとに。

大人(って言うと偏見ですが)は、
もっとあらゆる可能性を考えるべきです。
こうに違いない、と思い込んで、
他の可能性を考えようとしないのです。
誰かが起こした行動について、
馬鹿なことをした、考えられないことだ、と思ったら
それで終わり。
他のやり方ができない事情があったのかもしれないとは考えません。
なんでも悪く捉える。
若者が「ありえない」という言葉を頻繁に使うことについて
大人は日本語としておかしいって言うけれども、
なんでもかんでも
「考えられない」「おかしい」「馬鹿だ」
と決めつけて、
本当におかしいことだったのか、
その背景に何があったのか、
何も考えようとしない大人はもっとおかしいんじゃないのか。
勝手に決めつけるその度胸と無知さにびっくりします。

伊坂さんの小説に出てくるある人物が考えることと
私の考えることがよく似ています。
伊坂さんの意見をその登場人物に代弁させているのか、
そういうキャラクターとしているだけなのかは想像するしかありませんが、
本当に、私の周りの大人は
勝手に判断して相手を低く評価する傾向が強い。
頭がかたいんでしょうか?
あらゆる可能性を考えてください。もっと。

0 件のコメント:

コメントを投稿