2008年12月30日火曜日

日記

処分中。
すごく過去が、思い出が、大事だと思ってる私は、
小学生の頃からの日記を大事に保管してたんですが、
特に内容も濃くないし、
他人に見られたら恥死できるハイテンションな文章だし、

破棄!

ということにしました。
捨てる前に読み返して判ったことは、
小学5年からだと思ってた母からの言葉の暴力が
中学入学してすぐだったことと、
女子高に入ったら突然
同級生に可愛い!美人!と言われるようになったこと…
女ウケは良いらしい笑
そしていつでも恋してること。
愛に飢えてるわけですな。
ま、けっこう書いてた日記の内容で印象的だったのはそのくらい。
あとは、入学式の日付とか高校受験の番号とか、

あーそうだったっけ~っていう感じだなぁ。
思い出すと懐かしくて微笑んでしまうけど、
別にどうだっていいことと言ってしまえば
それまで。
もう振り返るのやめて、
前向きな自分に変化しようと思うのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿